ここから本文です

鳥越氏VS宇都宮氏のテレビ対決 対立点はヤッパリ「女性問題」報道

J-CASTニュース 9月9日(金)19時38分配信

 先の都知事選で「野党統一候補」として立候補し、3位に沈んだジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が、選挙後初めてテレビに生出演した。「統一候補」に向けた調整の過程で立候補を取りやめた、元日本弁護士連合会長の宇都宮健児氏(69)も番組に中継で参加した。

 知事選は2016年7月末に行われ、元防衛相の小池百合子氏(64)が、次点の増田寛也・元総務相(64、自民党など推薦)に110万票以上の差をつけて初当選を果たした。鳥越氏と宇都宮氏は、知事選の告示前の会談以降では、選挙中・選挙後を通じて、この番組で初めて「会った」と明かした。

■「野党候補の一本化」めぐる当時の「空気」

 2人が出演したのは2016年9月9日午後の情報番組「ゴゴスマ~GO GO!Smile!」(TBS系)。鳥越氏はスタジオで、宇都宮氏は中継で参加した。

 2人は、小池都政の序盤の取り組みへの評価や、宇都宮氏の立候補撤回をめぐる双方の捉え方などについて、和やかな雰囲気で語り合っていた。鳥越氏自身は、「宇都宮氏は立候補すればいいと思っていた」そうで、野党候補の一本化の動きは、周囲の「流れ」や「空気」の中で進んだものだと説明した。

 そんな鳥越氏が、宇都宮氏に声を荒げたのは、知事選期間中に週刊文春などが報じた鳥越氏の女性スキャンダル記事に話が及んだ時のことだ。文春記事では、鳥越氏が2002年、当時大学生だった女性に強引にキスしたなどと報じていた。

 都知事選終盤、宇都宮氏は、鳥越氏陣営から応援演説の要請を受けたが、この報道への鳥越氏側の対応をめぐり意見が一致しなかったとして、結局、最後まで応援演説には立たなかった。鳥越氏は、対応は弁護士に任せているなどとして、文春報道後も会見は開かなかった。弁護士らは、報道は「事実無根」だとして、文春側を刑事告訴した。

鳥越氏「事実無根」、宇都宮氏「説明責任を」

 「ゴゴスマ」の進行がこの話題に移ると、鳥越氏は宇都宮氏に対し、「事実無根と言っているのに、週刊誌を鵜呑みにして、弁護士として...」などと強い口調で不満を述べた。これに対し宇都宮氏は、週刊誌報道の内容が具体的だったことや、会見も開かない姿勢が「(都民に対し)説得的ではなかった」と反論した。

 さらに宇都宮氏が、名誉棄損で損害賠償などを求める民事訴訟は起こしたのか、と質問すると、鳥越氏は現段階では刑事告訴だけで、民事訴訟は「これから」と答えた。宇都宮氏は「普通は(民事訴訟も)するものですけどね」と、鳥越氏側の対応が「普通」ではない、とにおわせた。

 その後も、鳥越氏は「(宇都宮氏が)報道を鵜呑み」「事実無根」「冤罪」といった言葉を続ける一方、宇都宮氏は都民への説明責任の重要性を強調する、というやりとりが続いた。

 もっとも、2人の対話の最後では、選挙に勝つためには、街頭演説を聞いてくれない、関心を示してくれない層にいかに訴えるかが大切で、そのためにはテレビ討論などが有効だといった点で一致。和やかとまではいかないまでも、普通の声の調子に戻り、対話を終えた。

 その後、鳥越氏は、今後は「いちニュース職人」として活動するとして、ゴゴスマ出演者・スタッフに向けてか、「いつでも呼んでください」と笑顔でアピールしていた。

最終更新:9月9日(金)20時18分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。