ここから本文です

笑点に学んだテレ東 「モヤさま」狩野アナ後任隠しの算段

日刊ゲンダイDIGITAL 9月9日(金)9時26分配信

「エーッ、まだ決まってなかったの?」――これが関係者の正直な感想ではないか。

 6日に行われたテレビ東京の改編説明会で、人気番組「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま)」を今秋“卒業”する狩野恵里アナ(29)の後任について同局の高野学編成部長が「まだ人選中」「局アナになるかどうかも含めてきょうのところは答えられない」としたことだ。狩野アナの具体的な卒業日時は未定のようだが、それにしてももう9月。普通なら当然決まっているところだろうが、何かややこしい局アナ事情でもあるのか。

「いや、むしろ後任司会が誰になるかで話題を最後まで引っ張った『笑点』の手法を狙っているんだと思います。本命・円楽、大穴・タモリなどと騒がれたおかげで新司会発表の回は27.1%、結局、後任に決まった春風亭昇太が初司会を務めた回は28.1%(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)となった。高野部長自身も説明会で『この後、誰になるかという話題性でも対抗したい』と言っている。作戦はミエミエです」(テレビ誌記者)

 ならば、大胆予測してしまおう。女子アナ評論家の高島恒雄氏は期待を込めてこう言う。

「私としては鷲見玲奈アナに就任して欲しいですね。現在、担当する『ウイニング競馬』では“横乳”も辞さず、先日終了した『お肉吟じます』という番組では、まるで挑発するような舌づかいを見せつけたセクシーアナ。彼女が担当すれば、『モヤさま』はさらに盛り上がると思います。もうひとつ可能性があるとすれば、“この人は誰?”というような新人アナ。いずれにしろ、話題性は十分です」

「モヤさま」はテレ東女子アナの出世コース。「笑点」作戦なら“大穴”アリ?

最終更新:9月9日(金)9時26分

日刊ゲンダイDIGITAL