ここから本文です

阪神・金本監督「僕の判断ミス」 継投失敗ザンゲ…球児が逆転被弾

デイリースポーツ 9月9日(金)6時2分配信

 「阪神1-3巨人」(8日、甲子園球場)

 負の連鎖が止まらない。阪神は1点リードの八回1死一、二塁で登板した2番手・藤川球児投手(36)が、代打・坂本に痛恨の逆転被弾。甲子園での今季巨人戦は、1分けを挟んで球団ワーストを更新する9連敗。継投策が失敗に終わった金本知憲監督(48)は「僕の判断ミス」と自らを強く戒めた。

【写真】痛恨被弾の球児 まさかの急上昇ワード1位に

 見えかけた光が一気に暗転する。悲鳴が巻き起こった。願いは届かない。悪夢の弾道は左翼・高山の頭上を越え、左翼席に着弾した。「(状況的に)一番のポイントでしょう。今日の」。流れを左右した局面。金本監督の勝負手は実らなかった。逆転負けで、またも白星に届かなかった。

 「明らかに2つデッドボールを与えて、明らかに動揺しとったし。球威もちょうど落ち始めた。まあ、もう少し点差があれば続投もあったかもしれない。そこはもう、僕の判断ミスですから」

 あと5つのアウトが遠かった。八回だ。好投の青柳が1死からの連続死球で一、二塁に。ここで巨人は代打・坂本。青柳にとって、対戦成績6打数1安打で打率・167と抑えていた相手だが、数字だけでは測れないものもある。制球の乱れや心理面などを考えて継投へ。藤川を投入したが…。痛恨の逆転3ランに沈んだ。

 「(藤川の経験も考えてかと問われ)もちろんそれもあるし。僕らはそう(最善の策と)判断して」と指揮官。勝負どころで出てきた首位打者に、信頼を寄せるセットアッパーをぶつけた。右腕のことは責めない。結果的に「ミス」と出た判断。あまりにつらい敗戦だが、打たれた投手陣だけでなく、打線も内海を攻略できなかった。

 内海に対し、奪った得点は福留の適時打による1点だけ。「(内海に)3敗目。また同じピッチャー。うちの試合になったらいいピッチングするね。球のキレもまずまず良かったように見えたし」。内海には3戦3敗。相手左腕を称えながらも、同じように屈する展開がもどかしい。

 これで甲子園では、98年の36敗以来、18年ぶりとなるシーズン33敗目。さらに甲子園での巨人戦では、1分けを挟んで球団ワーストとなる9連敗で今季いまだ勝ち星なし。「(上位のチームと同じ投手にやられる流れは)まあ、同じ」。何とか変えたい流れ。ようやくの白星に手が届くかという流れだっただけに、余計に重い1敗となった。

最終更新:9月9日(金)7時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]