ここから本文です

<GANTZ:O>ケンドーコバヤシが大阪チーム“最強の男”の声優に HG、RGも

まんたんウェブ 9月9日(金)18時0分配信

 人気SFマンガ「GANTZ(ガンツ)」が原作のフル3DCG劇場版アニメ「GANTZ:O(ガンツ:オー)」(10月14日公開)に、お笑い芸人のケンドーコバヤシさんやレイザーラモンHGさん、レイザーラモンRGさんが、声優として出演することが9日、分かった。ケンドーコバヤシさんは大阪チーム最強の岡八郎、レイザーラモンHGさんはスキンヘッドで筋肉質な島木譲二、レイザーラモンRGさんは大阪チームのリーダー格の室谷信雄を演じる。

【写真特集】カッコいい新ビジュアルも公開 HG、RGが演じるキャラも

 ケンドーコバヤシさんは「岡八郎という人物は、元々芸人として伝説の方で、マンガの中でも“最強の男”として登場します。そんなすごい役を、自分がやってよいのか?と初めは思ったのですが、やっぱり“大阪最強”ということで……。オレしかいないかなと(笑い)。あと、エンドクレジットですが、僕の名前さえ残れば、レイザーラモンたちは“その他”ということで、正直いらないかもですね(笑い)」と話している。

 「GANTZ」は、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で2000~13年に連載された奥浩哉さんのSFマンガ。命を落としたはずの高校生・玄野計が、謎の黒い球体GANTZに呼び出され、同じように“死んだはず”の人々とともに、異形の“星人”たちとの戦いを強いられる……というストーリー。「GANTZ:O」は、原作マンガ屈指の人気エピソードで、妖怪ぬらりひょんらと戦う大阪編をフル3DCGでアニメ化。東京と大阪のガンツチームが妖怪軍団に戦いを挑む。小野大輔さんやM・A・Oさん、郭智博さん、早見沙織さんらが声優として出演する。

最終更新:9月9日(金)23時56分

まんたんウェブ