ここから本文です

【英国】米HPのソフト事業を買収 マイクロフォーカス、88億ドル

NNA 9月9日(金)9時0分配信

 英国のソフトウエア開発会社マイクロフォーカス・インターナショナルは7日、米IT(情報技術)サービス大手ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)からソフトウエア事業を買収することで合意したと発表した。取引金額は約88億ドルに上る。
 マクロフォーカスはHPEに25億ドルを支払うほか、取得する事業を統合した後のマクロフォーカスの株式50.1%をHPEの株主が受け取る。この株式は63億ドル相当になる見込み。取引は株主と競争当局の承認を経て、来年第3四半期(7~9月)に完了する見通し。
 買収によりマイクロフォーカスの売上高は約45億ドルに膨らみ、国内で最大級のハイテク企業に浮上する。同社はルーズモア最高経営責任者(CEO)のもとで買収攻勢を進め、3月にも米同業セレナ・ソフトウエアを5億4,000万ドルで買収することで合意している。
 今回買い取る事業には、HPが2011年に買収した英オートノミーの資産も含まれる。オートノミーをめぐってHPは、オートノミーの会計が不適切だったとして110億ドルで買収した後に50億ドルを超える評価損を計上した経緯がある。HPはスリム化を進め、昨年にはコンピューターとプリンターの事業からなるヒューレット・パッカード(HP)とHPEの2社に分割。HPEの法人サービス事業については売却を決めている。[M&A]

最終更新:9月9日(金)9時0分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。