ここから本文です

細野晴臣、BLUE NOTE TOKYOで一夜限りの公演を開催

CDジャーナル 9/9(金) 17:11配信

 約半世紀にわたり日本のポップス・シーンを牽引してきた細野晴臣が、11月2日(水)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOで初のリーダー公演を行ないます。

 高田 漣(g)、伊賀 航(b)、伊藤大地(dr)、コシミハル(pf, acd)、斉藤圭土(pf)から成るバンド“The Eight Beat Combo”を伴ってステージに立つ細野は、1969年にエイプリル・フールのメンバーとしてデビュー。はっぴいえんど、キャラメル・ママ~ティン・パン・アレー、YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)での活躍後、80年代以降はソロで活躍しています。2013年の最新アルバム『ヘヴンリー・ミュージック』以来の新曲として発表された「MOHICAN」 が、今年4月に公開された映画『モヒカン故郷に帰る』の主題歌となり、話題を呼びました。

最終更新:9/9(金) 17:11

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]