ここから本文です

姉妹演じたナタリー・ポートマン&リリー・ローズ・デップがヴェネチア映画祭に登場!

cinemacafe.net 9/9(金) 16:47配信

現在イタリアにて開催中の「第73回ヴェネチア国際映画祭」にて、9月9日(現地時間)、「PLANETARIUM」(原題)のワールドプレミアが上映され、本作で姉妹を演じたナタリー・ポートマン、リリー・ローズ・デップらが参加した。

【画像】ナタリー・ポートマン&リリー・ローズ・デップ

本作は、レア・セドゥ主演の『美しき棘』で監督デビューし、過去手掛けた長編2作品は、カンヌ国際映画祭の監督週間・ある視点部門とそれぞれ出品され、本作への期待も高い女性監督、レベッカ・ズロトヴスキが手掛けている。

『スター・ウォーズ』シリーズ、『マイティ・ソー』などに出演するナタリーと、ジョニー・デップの愛娘で本年度のカンヌ映画祭の「ある視点部門」に出品された『ザ・ダンサー/The Dancer』で主人公を惑わすダンサー役で出演し、若干16歳の若さでカンヌデビューをしたリリーが、死者と交信ができる美しき姉妹を好演する。1930年代のフランス・パリを舞台に、ショービジネスに入り込んでいく世界をミステリアスに、そして美しい映像と共に描いた物語だ。

この日、レッドカーペット&公式上映に、監督はエメラルドグリーン、ナタリーは純白、リリー・ローズは黒いドレスで登場。レッドカーペットでは、リリーとナタリーの息をのむ美しさで写真を撮る観客が周りに殺到し、時間がオーバーしてしまうという事態が発生。また、上映後は5分ほど拍手が鳴り止まず、写真を撮る人が再び殺到していた。

記者会見でナタリーは「リリー・ローズとの競演はすばらしい体験だった、やさしく、プロ意識が高く、才能にあふれている女優さんです」とリリーを絶賛。さらにリリーも「この作品に呼んでもらえて本当にラッキーだった。ナタリーとはとても気が合って、姉妹のフリをする必要がなかった」と本当の姉妹のように演じられたと語った。そんなリリーは自身の役柄について「若い女優は大抵セクシーで魅惑的な役を演じることが求められる。私の役は子どもっぽいけど、特別なパワーを持っていて、大人が気づかないようなことも分かる。そうやって家族や姉を守っているの。これまでにない役柄よ」とコメントした。

また、ナタリーは25年の女優人生で女性監督と働くことは初めてと告白。アメリカでは女性監督が活躍できる場がまだ少なく、今回のように多くの女性と仕事を出来たことを嬉しく思っているとも語っていた。

『PLANETARIUM』(原題)は2017年、全国にて公開予定。

最終更新:9/9(金) 16:47

cinemacafe.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革