ここから本文です

クロップ、バロテッリ代理人ライオラ氏の“口撃”に笑いながら「興味なし」

GOAL 9月9日(金)18時36分配信

リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、名物代理人からの批判を気にしていないようだ。会見でミーノ・ライオラ氏の発言について聞かれたドイツ人指揮官は、「興味ない」と切り捨てた。

ライオラ氏のクライアントであるFWマリオ・バロテッリは昨シーズン、リヴァプールからミランへレンタル移籍していたが、今夏に復帰。クロップ監督の構想から外れていたため、移籍を余儀なくされていた。新天地はなかなか決まらなかったが、最終的にニースへ加入している。

リヴァプールのバロテッリへの扱いにライオラ代理人は先日、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で怒りをあらわにしていた。「マリオは模範的な振る舞いを見せていたし、一人で練習に励んでも不満を言わなかった。『クロップが選択を間違えた』というのは遠回しな表現だろう。奴は見下げ果てた馬鹿野郎だ」と“口撃”を仕掛けていたところだ。

8日の会見ではもちろんクロップ監督のリアクションが注目されていた。記者に「あのコメントには腹を立てたか」と聞かれると、「全く」と返答。笑顔を曇らせることなく、次のように続けている。

「彼のことは知っている。それだけだよ(笑)。ビジネスの話には興味がないんだ。それにこの世界には発言する自由がある。彼が何を話そうと問題はない」

反論することはなく、余裕の様子で受け流すクロップ監督。この対応にライオラ代理人が返せる言葉はあるのだろうか。

GOAL

最終更新:9月9日(金)18時36分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]