ここから本文です

11月の「世界音楽の祭典」 浜松で広報映像を公開

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月9日(金)8時15分配信

 浜松市は9日から、11月に開催する「世界音楽の祭典in浜松2016」の広報映像を、同市中区の市ギャラリーモール・ソラモの大型ビジョンなどで公開する。制作したのはリオデジャネイロ五輪閉会式の東京PRショーを手掛けた映像ディレクター児玉裕一氏と作曲家三宅純氏。幅広く祭典をPRして盛り上げを図る。

 映像は11月5、6の両日に開く「ワールドミュージックコンサート」で流すオープニング映像の短縮版。舞台で踊る女性や出番を待つ演奏者らが登場し、音楽都市浜松の世界観が30秒間にまとめられている。浜北西高の吹奏楽部も出演した。

 公開場所はソラモのほか、遠州鉄道各駅に設置されているモニターなど。いずれも1時間に4回上映する。祭典の公式ウェブサイトでも視聴できる。

 祭典は11月3~6日。三宅氏がイベント全体の音楽監督を務め、児玉氏はワールドミュージックコンサートの演出を担当する。

静岡新聞社

最終更新:9月9日(金)8時15分

@S[アットエス] by 静岡新聞