ここから本文です

スティーヴン・セガール主演作『沈黙の包囲網』DVD発売 吹き替えは大塚明夫が担当

CDジャーナル 9月9日(金)17時11分配信

 アクション・スターとして活躍するハリウッド俳優、スティーヴン・セガール(Steven Seagal)の主演作『沈黙の包囲網 アジアン・コネクション』がこの10月に東京・渋谷 ユーロライブで上映。また、12月2日(金)にはDVDリリースも決定しています。

 今回セガールが演じるのは、東南アジアの犯罪地帯“ゴールデン・トライアングル”を牛耳るマフィアのドン。資金源を強奪した銀行強盗たちを徹底的に追い詰めていく最中、身内の裏切りや下克上が勃発するというストーリーは、登場人物がみな悪党だけあって一部の隙もなくヴァイオレンスなものに。拳に銃、ナイフも飛び出す、渋くて怖いセガールをたっぷりと映し出します。DVD収録の吹き替え版では“セガール専任声優”こと大塚明夫を起用。

©2015 ASCON FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:9月9日(金)17時11分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。