ここから本文です

松坂桃李&菅田将暉、熱唱シーンがお披露目!『キセキ』新映像

シネマトゥデイ 9月9日(金)10時0分配信

 松坂桃李と菅田将暉が主演を務め、音楽グループGReeeeNの実話をもとに描かれる映画『キセキ -あの日のソビト-』の特報映像が公開され、2人の兄弟が葛藤しながらも音楽の道を突き進んでいく姿が初披露された。映画の公開日は1月28日に決定した。

映画『キセキ -あの日のソビト-』特報

 顔出しは一切せず、メンバー全員が歯科医師とアーティストを両立する異色のボーカルグループGReeeeNの、代表曲「キセキ」誕生へとつながっていく物語。プロデューサーの兄JIN役を松坂、リーダーで弟のHIDE役を菅田が務めるほか、naviを横浜流星、92(クニ)を成田凌、SOHを杉野遥亮と、イケメン俳優たちがGReeeeNの“素顔”を演じることも話題を呼んでいる。

 来年頭の公開を控え、ついに特報映像がお披露目。「魂をこめて本気でやれよ」とJINがHIDEを一喝する場面から始まり、歯医者と歌手という2つの夢の両立に苦しむ姿、ノリノリで歌唱するシーンなどが映し出されていく。肝心の歌声を確認することはできないが、本編ではキャスト陣の歌唱を耳にすることができるのか、期待がふくらむ映像になっている。

 また、松坂の普段のイメージとは異なる、緑色の髪に口ひげ、タトゥーというワイルドなスタイルにも注目だ。あわせて公開されたティザーポスターでは、青空の下で松坂&菅田のJIN、HIDEの兄弟が柔らかい表情を浮かべている。そのかたわらの「進め、オレたち。」というコピー通り、明るい未来を予感させる仕上がりだ。(編集部・小山美咲)

最終更新:9月9日(金)10時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。