ここから本文です

ロシア工場で2車種目を生産開始

MONOist 9/9(金) 7:55配信

 トヨタ自動車は2016年8月22日、ロシアトヨタのサンクトペテルブルク工場で、「RAV4」の生産を開始した。生産に伴う投資額は約148億円(97億ルーブル)で、新たに約800人を雇用する予定だ。

 同工場では「カムリ」を生産しており、RAV4は2車種目となる。これにより同工場の年間生産能力は5万台から10万台程度へと増強。生産されたRAV4は、ロシア国内のほか、カザフスタンとベラルーシに輸出される。

 RAV4がロシアに導入されたのは2002年で、それ以来コンパクトSUVセグメントをけん引する車種として、市場で高く評価されてきたという。現在、ロシアにおけるトヨタの全ラインアップの中で、最も販売台数が多い車種がRAV4であり、2013年には同工場での生産が決定していた。

 サンクトペテルブルク工場の敷地面積は約224万m2。2016年7月末時点で約1900人の従業員が働いている。

最終更新:9/9(金) 7:55

MONOist