ここから本文です

寄り付きの日経平均は反発、円安が支援 任天堂は反落

ロイター 9月9日(金)9時15分配信

[東京 9日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比35円60銭高の1万6994円37銭と反発した。前日の米国株は下落したが、外為市場で1ドル102円台前半へとドル高/円安が進み、日本株の支援材料となった。

原油価格の上昇を受け石油関連株が買われているほか、海運、証券、精密機器などが堅調。半面、前日に人気化した任天堂<7974.T>は反落。電気・ガスやその他金融などもさえない。

株式市場筋によれば、9月限日経平均先物・オプションの最終決済に関わる日経平均のSQ(特別清算指数)値は1万7011円77銭。

最終更新:9月9日(金)9時22分

ロイター