ここから本文です

黒部市で野外音楽フェス「ホットフィールド2016」 /富山

みんなの経済新聞ネットワーク 9月9日(金)10時0分配信

 黒部市にある宮野運動公園(黒部市宮野)で9月17日・18日、野外ミュージックライブイベント「ホットフィールド2016」が開催される。(富山経済新聞)

ホットフィールド2016のイベントポスター

 1988年から1993年までは、同公園の野外ステージ「ミューズ」で開催していた同イベント。2012年の夏に19年ぶりの復活を果たして以来、5年連続の開催となる。

 黒部川扇状地や富山湾を望むライブ会場は、夕日がステージに沈んでいく美しい自然とともに音楽を楽しめると県内外から観客が足を運ぶ。座席の指定がないため、来場者は自由に会場内を移動することができる。フカフカとした芝生の上で休憩を取ったり、物販・飲食ブースを楽しんだりと、「ゆるさ」を特徴としているイベントだ。

 会場内は、「Green」と「Wonder」の2つのステージが用意され、交互でアーティストのライブパフォーマンスが行われる。ステージ外では音楽キャラバン隊による演奏やサーカスも行われる予定。

 全国から集まった物販・飲食ブースも設けられ、ホットフィールドオリジナルTシャツやタオルなどのグッズの販売も行う。昨年はバイクの販売も行われたといい、さまざまな個性を持つショップもイベントの見どころの一つとなっている。

 参加アーティストは、2012年の復活以来、5年連続の出演の「渋さ知らズオーケストラ」をはじめ「bird」「(仮)ALBATRUS」「シアターブルックwith Soil & “PIMP” Session」らが、そのほかの参加アーティストの詳細はイベントホームページで確認できる。17日の深夜はキャンプ宿泊者向けに、ライブパフォーマンス、DJイベントが行われる。

 ホットフィールド実行委員長の車谷雅人さんは、「2012年の復活から、スタッフ一同、やったことのないことをやりながら、5年間突っ走って来た。一つの節目となる5年目を支えてくださった方々はもちろん、初めて来る方々にも楽しんでいただきたい」と話す。

 開演時間は10時30分~。チケットは公式ホームページ、富山県内のホットフィールド2016チケット取扱店で販売。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月9日(金)10時0分

みんなの経済新聞ネットワーク