ここから本文です

【日本ハム】大谷“リアル二刀流”でソフトバンクとの直接対決へ

スポーツ報知 9月9日(金)6時5分配信

 日本ハムの大谷翔平投手(22)が21日のソフトバンクとの直接対決(ヤフオクD)で「リアル二刀流」として戦う可能性が8日、浮上した。ソフトバンクが敗れ、ゲーム差は0・5と半歩接近。7日のロッテ戦(札幌D)で約2か月ぶりに先発登板した二刀流の、大勝負での起用法について、栗山監督は「一番いいと思うことの可能性は探っていく」と示唆した。

 右手中指のマメが完治した大谷は、復帰登板で2回1失点だったが、自己最速タイの163キロを投じるなど、全38球中11球が160キロ台。指揮官も「前には進んでいる」と手応えを得た。次回登板予定の14日オリックス戦(札幌D)まではイニングに制限をかけるが、天王山では勝負手を打てる。

 さらに今季「リアル二刀流」で出場した試合は投手では6戦6勝、防御率0・39。打撃でも打率4割1分2厘、1本塁打、4打点。7月3日のソフトバンク戦(ヤフオクD)では「1番・投手」で初球先頭打者本塁打をマークするなど、投打で圧倒的なパフォーマンスを披露した実績もある。

 この日大谷は打者で出場予定の9日からの楽天戦(コボスタ)に向けて、空路で移動。自身が初回に出塁した試合は30戦で22勝をマークしており、「先制点を取ってなんとかこっちが優位な展開に持ち込みたい」。4年ぶりのリーグ制覇へチームを先導する意気込みを示した。

(後藤 亮太)

最終更新:9月14日(水)20時25分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報