ここから本文です

ヴェネチア映画祭でも絶賛! ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作『メッセージ』が来年公開へ

cinemacafe.net 9/9(金) 18:15配信

現在開催中の「第73回ヴェネチア国際映画祭」コンペティション部門に出品され、称賛を浴びている「Arrival」(原題)の邦題を『メッセージ』とし、来年日本公開されることが決定した。

【画像】『メッセージ』エイミー・アダムス&ジェレミー・レナー

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために 軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていくが――。

本作は、『プリズナーズ』『ボーダーライン』などで独特の映像美と世界観が高く評価され、また『ブレードランナー』の続編も手掛ける、ヴィルヌーヴ監督のSF感動ドラマ。優れたSF作品に贈られるネビュラ賞を受賞し、映像化不可能と言われていたアメリカ人作家テッド・チャンによる短編小説「あなたの人生の物語」を原作に映画化している。

キャストには、ルイーズ役に『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のエイミー・アダムスのほか、『ミッション:インポッシブル』シリーズや『アベンジャーズ』のジェレミー・レナー、『ラストキング・オブ・スコットランド』のフォレスト・ウィテカーらが出演している。

SFでありながら美しいほどのせつなさを秘めたその映画に、「美しく挑発的な寓話」(デイリー・テレグラフ紙)、「すばらしく巧妙な演出」 (デイリー・メール紙) とマスコミは大絶賛で、映画批評サイト「ロッテン・トマト」でも100%の高評価(9月7日現在)。また、9月10日に発表されるヴェネチア映画祭金獅子賞にも期待が高まっている。

『メッセージ』は2017年、TOHOシネマズ新宿ほか全国にて公開予定。

最終更新:9/9(金) 18:15

cinemacafe.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革