ここから本文です

“不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

インサイド 9月9日(金)19時9分配信

3DCGアーティストのTeruyuki IshikawaさんとYuka Ishikawaさんが手がけている3DCGキャラクター「Saya」。美しい彼女の画像は、webサイトやTwitterアカウントなどで公開されており、その完成度の高さに多くの方が賞賛の声を寄せています。

【関連画像】

去年公開された「Saya」も衝撃的でしたが、このたび2016verの「Saya」が新たに登場。「色々な皆さんの反応を頂きつつコツコツと改良を重ねてきました」とのコメントに添えられた画像は更に完成度が上がっており、存在感やリアルさが更に増している印象を受けます。

今回の画像は9月9日に公開されたばかりですが、すでに高い注目を集めており、「これCGなんですか??」「存在感と可愛さがめっちゃ上がってますね」「CGなんだ、びっくり!」など、驚きと共に描き込まれたコメントも多数集まっています。

昨年公開された画像だけでも充分に素晴らしい出来映えで、素人目では「ここからどうやって、更に完成度を上げるんだろう?」と疑問すら浮かぶほどでしたが、実際に公開されたものを見比べると、積み上げた成果がはっきりと見てとれます。よければ、昨年公開された下記の画像と比較してみてください。

コメントによれば、2016verの「Saya」には“動き”も加えられており、秋の展示会でのお披露目が予定されているとのこと。新たな「Saya」の出来映えはもちろん、展示会という展開も気になるため、今回Yukaさんに直接連絡を取りコメントをいただいたので、よければご覧ください。

──今回のバージョンのポイントはどこでしょうか?

Yukaさん:去年の公開以降、色々な方の反応をみて改善点を模索しつつモデルや質感を反映していきました。CGではありますがフォトリアルの向こう側の表現に到達できるように試作を重ねています。

皆に愛されるキャラクターへと成長させていけたらと思っています。ただ、まだまだ課題が山積していますので、完成ではありません。少しずつではありますが研究と開発を進めていくつもりです。

──秋の展示会について、詳しく伺ってもよろしいでしょうか?

Yukaさん:秋の展示会は、私達個人だけでなく、色々な会社様とのプロジェクトになります。告知はもう少し先になりますが、追ってアナウンスさせてください。年内秋から、短いですが動いているムービーをまずはイベント等で見れるようになります。

──仕草なども気になるところです。楽しみにしているので、続報をお待ちしております。ありがとうございました!


■Teruyuki Ishikawa & Yuka Ishikawa webサイト
URL:http://www.telyuka.com/

最終更新:9月9日(金)19時23分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。