ここから本文です

車体に踊るツインテール! 「初音ミク」公認痛車サービスが誕生! 部分ラッピングは7万5千円から

ねとらぼ 9月9日(金)7時10分配信

 ライセンサー公認のカーラッピングサービス「公認痛車プロジェクト」が9月9日に始動、第1弾として「初音ミク」ラッピングカーの提供がスタートします。こちらの車は10日から「マジカルミライ2016」の会場で展示されます。

【ラッピングカーのイラスト】

 このプロジェクトは、印刷会社・スピックバンスター(東京都文京区)が運営する「すぴっく工房」によるもの。販売協力はアニメイトです。

 ラッピング用のイラストは「iXima氏」のものを使用。依頼が入ると車体に合わせたキャラの配置やデータ校正、ラッピング施工までワンストップで対応します。

 施工にかかる期間は最短3日。職人の手によるフルラッピング・部分ラッピングの他、部材のみの販売にも対応しますが、セルフラッピングの難易度は高めとのこと。同社のサイトには、施工過程の動画も公開されています。

 参考価格は以下のようになっていますが、実際の価格は見積もりになります。

・フルラッピング Mサイズ普通車 48万円~
・フルラッピング Lサイズ中型車 62万円~
・部分貼りボンネット Mサイズ(1×1.3メートル) 7万5000円
・部分貼りダブルドア(前後) Mサイズ(1.3×2メートル) 11万円

 マジカルミライでの展示は、幕張メッセ国際展示場11ホール駐車場スペースで行われます。イベントは9月9日から始まりますが、痛車の展示は10、11日となります。

最終更新:9月9日(金)7時10分

ねとらぼ