ここから本文です

デルタ航空、アトランタ=ソウル線に就航…大韓航空とコードシェア 2017年6月3日から

レスポンス 9月9日(金)10時45分配信

デルタ航空は、2017年6月3日からハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港と韓国ソウルの仁川国際空港を結ぶ路線の運航を開始すると発表した。

[ボーイング777-200LR型]

同路線は1日1便で、機材はボーイング777-200LR型機を使用する。同路線は、デルタ航空と大韓航空の共同運航(コードシェア)となる。

アトランタ=ソウル便は、既存の大韓航空のソウル=アトランタ直行便を補完、米国南東部の顧客により多くのアジア各都市へのアクセスを提供する。両社の運航スケジュールを合わせると、アメリカ大陸142都市、アジア33都市への乗り継ぎが可能となる。

アトランタ=ソウル便の新規就航に加え、デルタ航空と大韓航空はコードシェア提携を拡大、アジアとアメリカ大陸間の各都市へのアクセス向上を図る。大韓航空はデルタ航空のアトランタ=ソウル便のほか、アトランタ、ロサンゼルス、ニューヨーク以遠の米国とカナダの115都市へのデルタ便に大韓航空の便名(コード)を付け共同運航する。

また、アトランタとニューヨークからブラジルのサンパウロ行きの便も共同運航する。デルタ航空は、台北、シンガポール、大阪、名古屋、沖縄など、ソウル以遠の32都市への大韓航空便、ソウルとサンフランシスコ、ヒューストンを結ぶ大韓航空便にもデルタ航空の便名を付け、共同運航する。政府の認可を取得後、両社は2016年第4四半期に新たなコードシェア便の運航を開始する予定。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月9日(金)10時45分

レスポンス