ここから本文です

秋夕の支出予想額 会社員は約5万円=韓国

聯合ニュース 9/9(金) 10:38配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の会社員は秋夕(中秋節、今年は9月15日)連休中の支出額として平均52万6000ウォン(約5万円)を見積もっている。

 生涯学習講座を運営するヒューネットは9日、会社員970人を対象に実施した調査の結果を発表した。

 今年の予想額は、2014年の調査結果(平均48万3000ウォン)に比べ増加した。既婚者は平均55万1000ウォン、未婚者は39万4000ウォンで、既婚者の方が多い。

 支出内容は、「親や家族への小遣い」が54.9%で最も多く、次いで「贈り物の購入」(17.3%)、「祭事費用」(14.0%)の順だった。「旅行費用」という回答も9.6%を占めた。

 秋夕の支出額が昨年に比べ「ほぼ同じ」との回答は70.5%に上った。「増えた」は23.6%、「減るだろう」は5.9%だった。

最終更新:9/9(金) 10:38

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。