ここから本文です

寺尾紗穂主催「THE BIG ISSUE」サポート・イベント〈りんりんふぇす2016〉開催

CDジャーナル 9月9日(金)17時11分配信

 ホームレスが販売者となり、売上の6割程度が売り手の収益になるシステムや、バラエティ豊かな内容で注目を浴びている雑誌「THE BIG ISSUE」(www.bigissue.jp)。同誌の周知拡大を目的に、シンガー・ソングライター寺尾紗穂が毎年行っているイベント〈りんりんふぇす〉が、今年も10月2日(日)に東京・南青山 梅窓院 祖師堂にて開催されます。

 〈THE BIG ISSUE support live〉としてスタートした同イベントは、今回で7回目。今年は寺尾紗穂のほか、マヒトゥ・ザ・ピーポー、原田郁子、知久寿焼、二階堂和美や、路上生活者および元路上生活経験者により結成されたパフォーミングアーツ・コレクティヴ“ソケリッサ!”がライヴ・パフォーマンスを披露。“生きること、表現すること”と題した座談会には寺尾紗穂、稲葉 剛(認定NPO法人自立生活サポートセンターもやい)、吉水岳彦(社会慈業委員会ひとさじの会)、作家・星野智幸、ソケリッサの面々、ビッグイシュー販売者が登壇します。無料の軽食やフェアトレードのコーヒーといった炊き出しも用意。

 なお、チケットの前売予約は予定枚数超過のため、現在は予約を停止中。追加の予約受付や当日券の販売については後日発表予定とのこと。詳しくは特設サイト(singwithyourneighbors2016.jimdo.com)にてご確認ください。

最終更新:9月9日(金)17時11分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。