ここから本文です

悩み多きヒロインへの的確なアドバイス 「世界一キライなあなたに」重要シーン公開

映画.com 9月9日(金)17時0分配信

 [映画.com ニュース] 人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラークと、「ハンガー・ゲーム」シリーズのサム・クラフリンが共演する映画「世界一キライなあなたに」の新たな本編映像が、公開された。車椅子生活を送るウィル(クラフリン)が、主人公ルイーザ(クラーク)の背中を押そうとする重要シーンを切り取っている。

悩める女子に送るイケメン実業家の金言!「世界一キライなあなたに」本編映像はこちら!

 ラブストーリーの名手として知られる英作家ジョジョ・モイーズが2012年に発表し、世界40カ国以上で翻訳され、850万部超のベストセラーとなった恋愛小説「ミー・ビフォア・ユー 君と選んだ明日」を映画化。舞台はイギリスの田舎町。失業中のルイーザは、新たな仕事としてバイク事故で首から下が動かせなくなった元実業家のウィルの介護を始める。次第に恋愛感情が芽生え始めた2人だが、ウィルのある決断がルイーザを動揺させる。

 ファッションが大好きで大学に合格していたにもかかわらず、家族を第一に考えて故郷から出ない生活を選んだルイーザ。かつて大都会で暮らしていたウィルは「君を見るたび、“可能性”を感じる。視野を広げなきゃ。1度の人生をフルに活用すべきだ」とアドバイスを送る。事故で人生が180度変わってしまったウィルだけに、重みがありつつも、ルイーザへの深い愛情を感じさせるセリフが収められている。ルイーザが自身の過去を告白する重要なシーンでもあり、2人の距離がなお一層縮まるさまが描かれている。

 「世界一キライなあなたに」は、本作で長編映画デビューとなるイギリスの舞台演出家テア・シャロックがメガホン。原作者のモイーズが脚本も担当した。10月1日から全国公開。

最終更新:9月9日(金)17時28分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。