ここから本文です

『バットマン』単独映画の悪役は『スパイダーマン』のいじめっ子!

シネマトゥデイ 9/9(金) 16:02配信

 ベン・アフレックが監督する「バットマン」新作映画の悪役デスストロークを、海外ドラマ「トゥルーブラッド」でアルシード・ヘルボー役などを務めたジョー・マンガニエロが演じるとDeadlineなどが報じた。

【写真】『マジック・マイク』フォトギャラリー

 ジョーは2014年にPeople誌の「最もホットな独身男性」に選ばれたこともあるイケメン俳優。現在は男性ストリッパー映画『マジック・マイク』などへの出演で知られているが、サム・ライミ監督版の『スパイダーマン』(2002~)シリーズでは、トビー・マグワイア演じる主人公ピーター・パーカーをいじめる体育会系の同級生フラッシュを演じていた。私生活では2015年に女優のソフィア・ベルガラと結婚している。

 ジョーが演じるデスストロークは「バットマン」の原作コミックなどに登場する悪役の一人で、実写作品ではドラマ「ARROW/アロー」などにも登場。先月ベンがTwitterで公開した、DCコミックスのヒーローが集結する『ジャスティス・リーグ(原題) / Justice League』のものと思われるテスト映像に登場し、話題を呼んでいた。(編集部・入倉功一)

最終更新:9/9(金) 16:02

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]