ここから本文です

<キング・オブ・エジプト>古代エジプト舞台に神と大迫力バトル

まんたんウェブ 9月9日(金)21時41分配信

 古代エジプトを舞台にした冒険ファンタジー「キング・オブ・エジプト」(アレックス・プロヤス監督)が9日に公開された。神と人間が共生するエジプトで王座を懸けたバトルに巻き込まれる盗賊の青年・ベックの冒険を描いた作品で、コンピューターグラフィックス(CG)を駆使した大迫力のアクションが繰り広げられる。

【動画】映画「キング・オブ・エジプト」予告編

 

 神と人間が共存する古代エジプトでは、砂漠の神・セト(ジェラルド・バトラーさん)が戴冠式で天空の神・ホルス(ニコライ・コスター・ワルドーさん)から王座を奪って以来、国民たちはセトの絶対的な支配に苦しめられていた。ある日、セトの神殿の宝物庫に忍び込んだ盗賊・ベック(ブレントン・スウェイツさん)は、ホルスが王に君臨するために必要な「神の眼」を強奪。だが、それを機にベックの恋人・ザヤ(コートニー・イートンさん)はセトの捕らわれの身になってしまう。ザヤを救出するため、ベックはホルスとともに冒険の旅に出ることを決意するが……というストーリー。日本語吹き替え版ではベックの声をアイドルグループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さん、ベックの恋人・ザヤの声を永野芽郁さんが担当している。

 主人公・ベックを演じるスウェイツさんは、オーストラリア出身のイケメン俳優。2017年公開の「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ最新作への出演も決まっているなど勢いのある若手俳優で、今作でもエネルギッシュなアクションを披露している。ヒロインのザヤ役を務めたイートンさんは「マッドマックス 怒りのデス・ロード」でデビューし、今作で映画は2作目だが、美しく芯のあるヒロインをセクシーに演じており、ザヤに魅了されるファンが日本でも増えることだろう。

 最大の見どころはやはりCGを駆使したアクションで、地上や建物をお構いなしに破壊する大蛇やスフィンクス、セトらとベックらとのバトルはかなりの迫力。なにしろ“神”との戦いなのでそのスケールの大きさは言わずもがなだ。派手なアクションに目を奪われしまい、各キャラの喜怒哀楽の演出はやや淡白な気もしたが、テンポのいい展開で最後まで一気に楽しめた。9日からTOHOシネマズ新宿(東京都新宿区)ほか全国で公開。(河鰭悠太郎/MANTAN)

最終更新:9月9日(金)21時43分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。