ここから本文です

夢あふれる「未来の空港」 静岡空港で小学生の絵画展示

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月9日(金)8時42分配信

 牧之原市の静岡空港で16日まで、小学生が描いた「未来の空港」の絵画79点が展示されている。ロケットが発着できたり、海の中にあったりと、発想豊かな作品が並ぶ。

 空港周辺の牧之原、島田市や吉田町などの小学1、2年生が手掛けた。アヒルや鯨の形をした飛行機や「虹まで連れて行ってくれる飛行機」をはじめ、プールのある飛行場といった夢あふれる作品がそろった。担当者は「子どもたちの想像力を感じてもらえれば」と話した。

 国内の空港ビル会社58社が加盟する全国空港ビル協会の創立30周年事業の一環。今後、各空港から1点ずつ出品された優秀作品の中から最優秀作品が選ばれ、協会の記念誌などに掲載されるという。

静岡新聞社

最終更新:9月9日(金)8時42分

@S[アットエス] by 静岡新聞