ここから本文です

職権乱用でイケメンたちを脱がす?ブリトニーからJ.LO、アリアナまでの最新セクシーMVで目の保養

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/9(金) 18:07配信

そろそろ秋めいてきたけれど、ナイスバディを鑑賞するのに季節なんて関係ないはず! あのポッププリンセス=ブリトニー・スピアーズも最新ミュージックビデオでは、絞りまくったセクシーバディを惜しみなく披露して話題沸騰中。

イケメンたちのセクシーな姿!

しかも、自分が脱いだからには、一緒に登場するイケメンたちにも“ひと肌脱いでもらいましょ!”とばかりに脱がせまくり。イケメンたちがザクザク登場して、彼らを脱がせまくる、というコンセプトの下に作られたホットなセクシービデオ鑑賞で残暑を乗り切りましょ~!

1)ブリトニー・スピアーズ:セクシーバディで逆セクハラ?

まずはそのブリトニー・スピアーズのセクシービデオ「メイク・ミー」から。本人も「かつてないほど身体がキレイなの」と漏らしちゃうのも納得のスリム&クビレもバッチリのナイスバディ。

これで二児の母とは信じがたいのはもちろんのこと、ダンスもかなり挑発的。ビデオのオーディションのためにイケメンたちを脱がせるという手口は、ほとんど逆セクハラ? でも、みんな次々と脱いじゃいます(笑)。

同曲を収録した最新アルバム『グローリー』も全編セクシー。遊び心溢れるキュートなブリトニーが大復活です!

2)ジェニファー・ロペス:男女逆転でイケメン天国!

男性ラッパーたちが、いつも女の子たちをはべらせてプールパーティ……みたいなビデオばかり作っているから、その逆バージョンやってみる? と作ったのがこのビデオ。

ジェニファー・ロペスが「アイ・ラ・ヤ・パピィ」と繰り返しながら、半裸のイケメンたちをはべらせて、カメラアングルもかなりキワドい系。とはいえ、ジェニファー自身の露出度もハンパないので、ここは男女おあいこって感じですかね。


3)エル・キング:新人離れの貫禄で男を翻弄!

新人でここまで貫禄のあるシンガーって珍しいんじゃないかと思われるエル・キング。歌声&バディの迫力には誰もがビックリ。ヒット曲「エクシズ・アンド・オーズ」のビデオにも、女将の雰囲気ムンムン。

まったく男に媚びないところがカッコ良すぎです。彼女の実際の元彼たちについて歌った曲なので、もちろんイケメンたちも続々登場。脱がせて絡ませ、もうやりたい放題!

4)フィフス・ハーモニー:肉食系女子には、やはりガテン系男子?

久々に登場した肉食系女子軍団、フィフス・ハーモニー。当然ながら彼女たちのお相手ともなれば、ガテン系イケメンでしょ。ということで建築現場をテーマにした「ワーク・フロム・ホーム」のビデオには、イケメンマッチョが続々登場。

やたらフィフスのお姐さんたちが誘惑しまくるので男たちは仕事が手につかず……。男性群より大胆なフィフス軍団の圧勝ですかね?

5)アリアナ・グランデ:前代未聞のセクシー姿でイケメン誘惑?

アリアナ・グランデも最新シングル「サイド・トゥ・サイド」では、これまでになくセクシーなレオタード姿を披露。

セクシー男性陣が出てくるのは、ニッキー・ミナージュの登場する中盤あたりから。とはいえ、一緒に出てくる女性たちのほうが、オシリを振ったり、シャワーを浴びたりで、エロス全開かも?

ニッキーといえば、「スーパー・ベース」のビデオなどでも半裸男性たちをはべらせていたので、イケメンを脱がせることにかけては手慣れたもんです(笑)。

イケメン続々とか言っておきながら、女性陣のほうもすごかったですね。イケメンを脱がすには、アーティスト自身にもそれだけのバイタリティと度胸が必要ってことでしょうか。おみそれしました!

TEXT BY 村上ひさし

最終更新:9/9(金) 18:07

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]