ここから本文です

道の駅予定地選定 福島市、大笹生IC周辺に

福島民報 9/9(金) 12:02配信

 東北中央自動車道の福島大笹生インターチェンジ(IC)周辺への道の駅整備計画で、福島市は予定地を同ICとフルーツライン(県道上名倉・飯坂・伊達線)に囲まれた区域に決めた。8日の市議会定例会で示した。
 8月29日の整備計画策定委員会で了承された。面積は約3ヘクタールで、地権者との用地交渉を進める。
 市は今後、整備計画策定委で「販売・交流」「観光・交通」「施設・運営」3分野の分科会を開く。分科会の意見を参考に年度内に基本構想をまとめ、平成29年度中に基本計画を策定する。
 計画策定後、供用開始までは4、5年を要すると見込んでいる。

福島民報社

最終更新:9/9(金) 12:11

福島民報