ここから本文です

「彼岸島」師匠と“娘”PALUの仲良しジャケット解禁、松本光司監修のお面も

コミックナタリー 9月9日(金)12時0分配信

松本光司原作による実写映画「彼岸島 デラックス」と、そのエンディングテーマ「100年時が過ぎても」のコラボCDジャケットが公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同曲を歌うPALUは、「100年時が過ぎても」のミュージックビデオにて「彼岸島」の人気キャラクターである師匠の4番目の娘・お春として登場。このたび解禁されたコラボジャケットでも、師匠とPALUことお春の仲睦まじい親子ツーショットが披露されている。

また「彼岸島 師匠のお面デラックス」付き限定盤の予約が、全国のローソン・ミニストップ店内のLoppi端末、HMV店舗、ローチケHMVにてスタート。師匠のお面は松本が監修した。

白石隼也と鈴木亮平がダブル主演を務める「彼岸島 デラックス」は、10月15日より新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー。全4話のテレビドラマ「彼岸島 Love is over」は9月18日深夜を皮切りにMBS、TBSにてオンエアされる。

最終更新:9月9日(金)12時0分

コミックナタリー