ここから本文です

<神の舌を持つ男>向井理×堤幸彦のコミカルミステリーまさかの映画化 正式タイトルは100文字超え

まんたんウェブ 9月9日(金)23時30分配信

 俳優の向井理さんが主演し、「TRICK」「SPEC」シリーズの堤幸彦監督が演出を手がけた連続ドラマ「神の舌を持つ男」(TBS系)が映画化されることが9日、明らかになった。正式タイトルは「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」で、12月3日に公開される。

【動画】向井理、木村多江とキス?予告編解禁

 ドラマは9日に最終回を迎えており、特殊能力の“絶対舌感”を持つ主人公・ 朝永蘭丸(ともなが・らんまる)を演じてきた向井さんは「まさかの映画化です」と驚きを隠せない様子。一方、堤監督は「キャスト・スタッフのこの作品にかける熱い思いはとどまるところを知らず、ついに映画になりました。引き続き、皆さまの叱咤(しった)激励、ご支援をいただければ幸いです」とコメントを寄せている。

 「神の舌を持つ男」は、舌に乗せたものを検査機器並みの精密さで分析できる“絶対舌感”を持つ蘭丸ら男女3人が、ボロ車に乗って謎の温泉芸者“ミヤビ”を探す秘湯の旅に出て、行く先々で事件に巻き込まれる……というコミカルミステリー。向井さんと堤さんは連ドラ初タッグで、流浪の骨董屋で2時間サスペンスマニアの“ウザカワ女”甕棺墓光(かめかんぼ・ひかる)役で木村文乃さん、暴走しがちな2人を鋭い突っ込みでまとめる唯一まともな人格者?の宮沢寛治役で佐藤二朗さんも出演。ギャグやパロディー満載の“堤ワールド”全開のやりとりを繰り広げてきた。

 劇場版は、ドラマ最終回で広末涼子さん扮(ふん)する温泉芸者・ミヤビに失恋し、一人、傷心の旅に出た蘭丸は、ひょんなことからある村の温泉街で働くことになるが、またしても事件が起こってしまう……という内容。木村さん、佐藤さんがドラマに引き続き登場するほか、蘭丸の“運命の女性”となる美人の村医者・武田竜胆(たけだ・りんどう)役で木村多江さん、竜胆に思いを寄せる旅館の若旦那・野々村龍之介(ののむら・りゅうのすけ)役で市原隼人さん、そのほか新キャラクターとして黒谷友香さん、財前直見さんも出演する。

 木村さんは「ヒロイン、という響きに惑わされ、気がついたら、堤ワールドに蟻地獄のように引きずり込まれて、自分を見失うおかしさにハマってしまった。堤監督恐るべし。皆さんにも、この蟻地獄、ぜひ体験していただきたいです」とメッセージを送っている。

最終更新:9月9日(金)23時43分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。