ここから本文です

【全米オープン】錦織悲願Vへ大チャンス 苦手デルポトロじゃなくてよかった

東スポWeb 9/9(金) 16:30配信

【ニューヨーク8日(日本時間9日)発】テニスの全米オープン男子シングルスで錦織圭(26=日清食品)はベスト4に進出。9日午後4時半(日本時間10日午前5時半)以降に開始となる準決勝第2試合で世界ランキング3位のスタン・バブリンカ(31=スイス)と対戦するが、同7位の錦織にとってこの顔合わせは幸運だという。

 錦織は7日(日本時間8日)の準々決勝で4時間の激闘の末、世界ランキング2位でリオ五輪金メダリストのアンディ・マリー(29=英国)を下した。

 準決勝(9日=同10日)で対戦するバブリンカは準々決勝で、リオ五輪銀メダリストのフアンマルティン・デルポトロ(27=アルゼンチン)を3―1で倒して勝ち上がってきた。世界ランクではバブリンカの方が格上なのだが、錦織にとっては“くみしやすい相手”だった。

 というのも、錦織は敗れたデルポトロが苦手。過去の対戦成績も0勝4敗と1勝も挙げたことがない。一方のバブリンカには2勝3敗と負け越しているものの、直近で対戦したロジャーズ・カップ(7月、カナダ)ではストレートで勝利。比較的いいイメージを持って臨めるわけだ。

 しかも、準々決勝では錦織が先にゲームを戦い、バブリンカが試合を終えたのは日付が変わった午前1時過ぎで、勝利にも「とにかく疲れている」と疲労困ぱいの様子。錦織のほうがしっかりと体を休ませられるのも、連戦のなかではアドバンテージになるはずだ。

 元プロ選手の杉山愛さん(41)は、錦織について「(準優勝した)2年前と違って他の選手からマークされ、自分自身でも(好成績を)期待する状況で力を発揮するのは難しいこと。成長を感じさせてもらった」とたたえていたが、組み合わせにも恵まれ、4大大会初制覇が見えてきた。

最終更新:9/9(金) 17:01

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]