ここから本文です

内川、満身創痍弾も逆転負け…ソフトバンクと2位・日本ハムは0・5差に

デイリースポーツ 9月9日(金)9時0分配信

 「オリックス4-2ソフトバンク」(8日、京セラドーム大阪)

 負けてしまえば、自分の放った一発など振り返る意味はない。そう言わんばかりに、帰りのバスへと歩くソフトバンク・内川聖一外野手の表情は険しかった。その約1時間前には、一時リードを2点に広げる16号ソロをマーク。「決して甘いコースではなかったが」と報道陣から問いかけられた主将は「そうですか」と、ひと言だけ残し、足早にバスへと乗り込んだ。

 満身創痍(そうい)の体で、気迫のアーチを描いた。1点リードの六回2死。松葉の投じた3球目の内角高め直球を完璧に捉えた。打球は左翼席に着弾。リードを2点とする一発にベンチは勝利を確信したように沸いた。

 腰痛、首痛を抱える中、8月末以降、DHでの出場を続けていたが、7日のオリックス戦で自打球が右足ふくらはぎを直撃。途中交代した。首脳陣も8日の出場は厳しいとの見方を示していたが、主将として、4番としてグラウンドに立った。しかし勝利にはつながらず…。

 残り17試合で2位・日本ハムと0・5ゲーム差。正念場が続く。

最終更新:9月9日(金)9時5分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]