ここから本文です

渋谷モディ「HMV&BOOKS」内に常設ミュージアムスペース 第1弾は「エビダン」 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月9日(金)12時53分配信

 渋谷・公園通りの商業施設「渋谷モディ」(渋谷区神南1)内の「HMV&BOOKS TOKYO」(TEL 03-5784-3270)6階に9月8日、ミュージアムスペース「hmv museum」がオープンした。(シブヤ経済新聞)

衣装に加え小物なども展示する「超特急」コーナー

 HMV店内に初めて開設する常設ミュージアムスペースとなる同所。同店は「新しい出会いや発見を提供する情報発信基地」をコンセプトに各階にイベントスペースを設置し、オープン時からインストアライブやトークなどのイベントを行ってきたが、来店客らが興味や関心のあるモノ・コトに「さらに深く踏み込んで、体験してもらう」ため、ミュージアムスペースを設置した。

 場所は科学関連商品を扱っていた一角で、扱っていた商品は他のコーナーに移すなどした。面積約130平方メートルのホワイトキューブ。同所では音楽や映画、アートなどを中心に、さまざまなコンテンツの展示会や展覧会を行い、店内では商品展開やイベントも連動していく予定。

 第1弾は、スターダストプロモーションに所属する若手男性俳優・タレントで構成するアーティスト集団「EBiDAN(恵比寿学園男子部)」の展示。大きなアーティスト写真のほか、「超特急」「DISH//」「PrizmaX」「MiLK」がライブやCDジャケット撮影で着用した衣装、「さくらしめじ」「MAGiC BOYZ」がサインを展示するなどしている。超特急は、昨年のツアー公演「ikki!!!!!i!!」で、来場客から「エナジーボール」を回収する時にメンバーが背負ったかごなどの小物も置く。場内は撮影可能。

 場内ではグループ7組全26種類がランダムで入っているステッカー(3枚セット、540円)やトートバッグ(1,404円)など同展オリジナルグッズを販売。同階では各アーティストのコンサートグッズなども扱っている。

 オープンに合わせ、同店6階のイベントスペースを約150人~200人対応の空間に拡張。同店の中心来店客が20代女性であることから、好調のファッション関連書籍を増やしたほか、コミック・アニメコーナーを7階フロア内で移転・拡大。7階で展開していたアート・デザイン関連商品を拡充し6階に移転するなど、売り場変更も行った。店舗の在庫数は約42万点(書籍6割、CD・DVD3割、雑貨などその他1割)で、ミュージアムスペースオープン前と変わらない。

 ミュージアムスペースの営業時間は11時~21時。入場料は300円。10月10日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月9日(金)12時53分

みんなの経済新聞ネットワーク