ここから本文です

紅葉の見頃はいつ?…北日本は昨年より早く、東-西日本は平年並み

レスポンス 9月9日(金)15時15分配信

ウェザーニューズは、全国の紅葉見頃予想を発表した。

今年の秋は、9月は北海道から九州の広範囲で残暑が厳しくなる所が多く、その後気温は段々と平年並となり、12月には平年よりもやや低めの気温になる予想。このため、例年9、10月に見頃を迎える北日本や東日本の標高が高い山では、例年に比べて見頃がやや遅くなる可能性がある。

[関連写真]

例年11月以降に見頃を迎える東~西日本の見頃は例年並の所が多くなり、例年12月に見頃を迎える関東などの市街地ではいつもより少し早めに色付く予想。

葉の鮮やかさでは、今年の秋は、東~西日本を中心に全国的に天気が周期変化する予想。このため、葉が鮮やかに色付くために必要な十分な日照や雨、朝晩の冷え込みが期待できる。ただ、9月は全国的に残暑の影響を受ける予想で、例年この時期に見頃を迎える北日本や東日本の標高が高い山では、鮮やかさが控えめとなりそうと予想する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月9日(金)15時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。