ここから本文です

朴大統領 ラオスで北の核実験報告受ける=NSC招集指示

聯合ニュース 9/9(金) 11:19配信

【ビエンチャン、ソウル聯合ニュース】韓国の黄教安(ファン・ギョアン)首相が9日午前11時から青瓦台(大統領府)の国家危機管理状況室で国家安全保障会議(NSC)を開く。北朝鮮が同日核実験を実施した可能性が高く、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は訪問先のラオスで報告を受けると直ちに黄首相によるNSC招集を指示したとされる。

 会議では全般的な報告を受けた上で、今後の対策をはじめ、南北関係や韓国の安保、国際情勢に及ぼす影響などを話し合うようだ。北朝鮮が国連安全保障理事会決議を違反したことに対する国連としての措置などに関しても協議するとみられる。

 会議には黄首相のほか、外交、国防、統一部の各長官、国家情報院長、青瓦台国家安保室長、大統領秘書室長らが出席する。

 青瓦台関係者は北朝鮮が5回目となる核実験を実施した可能性について「分析中だ」と答え、NSCを通じ政府の対応策などを話し合うとした。

 欧州地中海地震学センターなどによると、北朝鮮北東部の豊渓里付近で同日午前9時半ごろ、人工地震と推定されるマグニチュード5.0の地震が発生した。北朝鮮が核実験を実施した可能性が高い。

最終更新:9/9(金) 11:44

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。