ここから本文です

シニア熱戦 藤枝で草サッカー開幕

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月9日(金)8時40分配信

 シニア世代がサッカーを通して交流する「第4回藤枝シニア草サッカー大会創立50周年記念藤枝商工会議所会頭杯」(同商議所主催、市サッカー協会共催)が8日、藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場などで開幕した。60歳以上と70歳以上の部に分かれて計18チーム、約300人が出場。はつらつとしたプレーで会場を沸かせた。

 県内からは60歳以上に藤枝FCと藤枝東FC、焼津飛魚SCが出場し、70歳以上には静岡中西部と浜松怪童クラブがエントリーした。2部門とも前後半20分ハーフで熱戦を展開。強烈なミドルシュートやヘディングで競り合うなど、若さあふれる動きを見せた。

 大会登録選手のうち80代が8人で最高齢は87歳だった。小林正敏会頭は「総合運動公園に人工芝グラウンドが整備され環境は整ったので大会を継続させたい」と語った。

 9日はトーナメント方式の順位決定戦などを行う。70歳以上の決勝は同日午後1時から、60歳以上の決勝は同日午後2時からともに同サッカー場で行う。

静岡新聞社

最終更新:9月9日(金)8時40分

@S[アットエス] by 静岡新聞