ここから本文です

中国、人種差別に断固反対と表明 エア・チャイナ機内誌問題で

ロイター 9月9日(金)11時50分配信

[上海 8日 ロイター] - 中国は8日、中国国際航空(エア・チャイナ)<601111.SS> <0753.HK>が人種差別的な表現が掲載された機内誌を回収したことを受け、あらゆる種類の人種差別に反対すると表明した。

ロイターが確認した内容によると、機内誌の英ロンドンに関する記事で「インド系、パキスタン系、黒人が主に居住する地域を訪問する際は注意が必要」と書かれており、インターネット上で批判が高まっていた。

中国国際航空は機内誌をすべて回収したと発表。「(今後は)同様の問題を避ける」よう出版社に求めたとし、機内誌の内容は中国国際航空の見解とは異なると説明した。

同社がロイターに送った声明によると、出版社は「不適切な文言」で中国国際航空に損害を与えたとして謝罪した。

中国外務省の華春瑩報道官は、「中国国際航空が調査を通じて問題に適切に対応することを望む」とし、すべての人種の平等を支持するとともに、あらゆる種類の人種差別に断固として反対すると述べた。

最終更新:9月9日(金)11時58分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。