ここから本文です

【リコール】BMW 44車種11万台、タカタ製エアバッグの不具合

レスポンス 9月9日(金)15時47分配信

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は9月9日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とするリコールを(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

対象となるのは、BMW『1シリーズ』=「116i」「118i」「120i」「120iクーペ」「120iカブリオレ」「130i」「135iクーペ」、『3シリーズ』=「320i」「320iツーリング」「320iクーペ」「323i」「325i」「325xi」「325iツーリング」「325iクーペ」「330i」「330xi」「335i」「335iツーリング」「335iクーペ」「335iカブリオレ」、『X1』=「X1 sDrive 18i」「X1 sDrive 20i」「X1 xDrive 20i」「X1 sDrive 28i」「X1 sDrive 25i」、『X3』=「X3 2.5」「X3 2.5si」「X3 3.0」「X3 3.0si」、『X5』=「X5 3.0si」「X5 xDrive 35i」「X5 xDrive 35d」「X5 4.8i」「X5 xDrive 50i」、『X6』=「X6 xDrive 35i」「X6 xDrive 50i」「ActiveHybrid X6」、「M」=「X5M」「X6M」「M3セダン」「M3クーペ」『M6カブリオレ』「M6クーペ」の44車種で、2004年2月27日から2012年12月22日に製造された10万9718台。

運転者席用または助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)にて、ガス発生剤の吸湿防止が不適切であった場合、高い湿度の環境下で大きな温度変化を繰り返すと、ガス発生剤が劣化することがある。そのため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがある。

改善措置として、運転席用または、運転席用と助手席用のエアバッグユニットを対策品と交換する。なお、対策品の準備に時間を要することから、まずは全ての使用者に対しダイレクトメールにより連絡し、対策品が準備できた段階で再度連絡し、交換作業を行う。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報により発見した。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9月9日(金)15時47分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]