ここから本文です

ああ阪神…「金本がんばれ」本拠地V願う広島ファンも裏切る

東スポWeb 9/9(金) 16:45配信

 5位・阪神は8日の巨人戦(甲子園)に1―3の逆転負けを喫し、今季7度目の同一カード3連敗。借金はワーストの17に膨れ上がった。

 またも甲子園で巨人に勝てなかった阪神。金本監督は「阪神ファンは巨人に勝ったら納得する人が多い」と必勝を誓っていたが、それもむなしいばかりだ。

 1―0の8回、一死一、二塁でリリーフし、坂本に痛恨の逆転3ランを浴びた藤川は「本当に申し訳ない。勝負どころ、そういうところでやってきたのに残念」とがっくり。打線は4回一死三塁で福留が中前適時打を放って先制。「ここ数試合、先に点を取られる展開が続いていたんで先制点が取れてよかった」と話していたが、結局、内海からその1点しか奪えず、今季3度の対戦で3勝を献上。金本監督は「また同じ投手…」と苦虫をかみ潰した。

「これだけ巨人さんに負けると来年がつらい。年間予約席にも響くかもしれない。来年も巨人さんと共同イベントをやることが決まっているけど、こんなに差がつくとねぇ…」とは球団営業部関係者。この日の観衆は巨人戦ワースト3位の3万8473人。甲子園のスタンドには阪神ファンだけではなく、広島の本拠地Vを願うカープファンもいて、虎のG戦勝利を期待。遠くマツダスタジアムでも「金本がんばれ」のボードを掲げるカープファンがいたが、それも裏切る結果になった。

最終更新:9/9(金) 17:10

東スポWeb