ここから本文です

姉妹演じたナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップ、ヴェネツィアに登場

映画ナタリー 9月9日(金)12時39分配信

イタリア現地時間9月9日、「Planetarium(原題)」の公式上映が第73回ヴェネツィア国際映画祭で行われ、キャストのナタリー・ポートマンと、ジョニー・デップの実娘リリー=ローズ・デップらが出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、「美しき棘」「グランド・セントラル」のレベッカ・ズロトヴスキが監督を務めた人間ドラマ。1930年代のフランス・パリを舞台に、死者と交信することができる姉妹が、ショービジネスの世界に入ったことをきっかけに運命の歯車を狂わせていくさまを描く。

姉ローラを演じたポートマンは、記者会見にて「優しく、プロ意識が高く、才能にあふれている」とデップを絶賛。妹ケイトを演じたデップも「ナタリーとはとても気が合って、姉妹のふりをする必要がなかった」と振り返った。

またポートマンは「アメリカでは女性監督が活躍できる場がまだ少ないの」と告白し、「今回のように多くの女性と仕事をできたことをうれしく思っているわ」とコメント。デップは「たいていの場合、若い女優はセクシーで魅惑的な役を演じることを求められる。私が演じたケイトは子供っぽいキャラクターだけど、特別なパワーを持っていて、大人が気付かないようなことに気付く。そうやって家族や姉を守っているの。これまでにない役柄よ」と語った。

「Planetarium」は2017年に全国でロードショー。

最終更新:9月9日(金)12時39分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。