ここから本文です

「つくれ!ムサコ」始動 キックオフイベントに明和電機ら品川のアーティスト /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月9日(金)14時28分配信

 武蔵小山にあるTASKO 武蔵小山ファクトリー(品川区小山3)で9月17日から、「つくれ!ムサコ~しながわからものづくりで発信する」が開かれる。運営はTASKO(同)。(品川経済新聞)

 「わ!しながわ魅力発信事業」の一環として開かれる同イベント。品川区を活動拠点とするアーティストを中心に、「アイデア×ものづくり」をテーマにしたアート、設計、テクノロジーといった幅広い分野の展覧会やトークイベント、ワークショップなどを展開する。今月から2017年3月まで毎月、全7回の開催を予定している。

 TASKO代表の田井地直己さんは「弊社は舞台制作、機械製作、デザイン、マネジメント等を軸に活動しており、武蔵小山ファクトリーは活動拠点の一つ。周囲にはものづくりをするチームが多く、地元の人も温かい目で見てくれる。参加予定のアーティストとは以前から交流があり、地域の人にも参加してもらえるイベントをやりたいと相談していた」と話す。

 17日・18日は、キックオフイベントとして「つくれ!ムサコ vol.1 語れ!ムサコ会議」を開催。明和電機やTASKOのKIMURAさん、m plus plusの藤本実さん、バイバイワールドの髙橋征資さんらが出演し、「ものづくりを武蔵小山で考える」をテーマにしたトークイベントを行う。

 「立地や環境の良さだけでなく、ものづくりカルチャーがあるから品川って面白いと感じてもらえればうれしい。小さい工場やお店が集まっているのも同エリアの魅力。これからさらに盛り上げていきたい」と田井地さん。「自分の目で見て体感するという経験は、とても大切だと思う。何気ないことからアイデアや刺激はもらえるはず。難しく考えず、気軽に参加していただければ」とほほ笑む。

 今月25日まで。展覧会の開催は、金曜15時~20時、土曜・日曜・祝日13時~19時(17日・18日は15時30分まで)。トークイベントは要予約。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月9日(金)14時28分

みんなの経済新聞ネットワーク