ここから本文です

<リオパラ>車いすバスケ黒星発進 勝負どころでミス重ねる

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月9日(金)17時6分配信

◆車いすバスケット

 ▽男子1次リーグA組

トルコ 1勝 65(18―16 13―9 16―16 18―8)49 日本 1敗



 逆転のチャンスはあった。だが車いすバスケットボール男子で過去最高の6位以上を目指す日本は勝負どころでミスを重ね、トルコに引き離された。白星発進を逃し、主将の藤本怜央(SUS、島田市出身)は「勝ちがこぼれた」と悔しがった。

 第4クオーター序盤に豊島の得点で45―49と4点差に迫った。相手のシュートミスもあって勢いがつくかと思われたが、日本もシュートが入らなくなった。藤本や香西、鳥海らが続けて外し、悪い流れを断ち切れないまま45―61に。やっと追加点が入ったときには残り1分を切っていた。

 藤本と二枚看板を張る香西は「打ち急いでしまった」と反省した。トルコは冷静さを失いがちという弱点があると分析していたそうだが、肝心な局面で浮足だったのは日本の方だった。及川監督も「もたついた」と首をかしげた。

 9日に当たるスペインも強敵だ。鳥海は「納得していない。それを次の試合にどう持っていくか」と巻き返しを誓った。(共同)

静岡新聞社

最終更新:9月9日(金)18時1分

@S[アットエス] by 静岡新聞