ここから本文です

北朝鮮の核実験を強く非難 早期帰国へ=朴大統領

聯合ニュース 9/9(金) 12:21配信

【ビエンチャン聯合ニュース】北朝鮮が9日、5回目の核実験を行ったことについて、ラオスを公式訪問中の朴槿恵(パク・クネ)大統領は「国際社会の北の核を容認しないという意志を無視し、核開発にしがみつく金正恩(キム・ジョンウン)政権の狂的な無謀さを証明するもの」と強く非難した。現地で開いた緊急対策会議で述べた。

 朴大統領は「金正恩政権が核実験で得られるのは国際社会のさらに厳しい制裁と孤立のみで、こうした挑発は結局、自滅の道を促すことになる」と警告。「政府は国際社会と協力し、国連安全保障理事会や2国間でさらに強い制裁措置を講じる一方、北の核放棄のために全ての手段を使い、北に対する圧力を強めていく」との姿勢を示した。

 朴大統領はラオスとの首脳会談後の日程を切り上げて帰国することにした。

最終更新:9/9(金) 12:25

聯合ニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革