ここから本文です

五輪=イタリアのメダリストら、ローマ市長に招致支援を要請

ロイター 9月9日(金)12時30分配信

[8日 ロイター] - イタリアの五輪メダリストたちが、2024年の夏季五輪招致を支援するよう、ローマのビルジニア・ラッジ市長に書簡で要請した。ラッジ市長は他に優先すべきことがあるとの立場を示しているが、招致活動からの撤退を決定するには至っていない。

メダリストたちは市長に送った書簡で「われわれはリオ五輪で素晴らしい経験をした。われわれは力を発揮し、勝利に喜び、時に敗れて苦しんだが、五輪だけが与え得る強い感情をイタリアにも確かにもたらした。イタリア、ローマで五輪を開催することで、若い世代がより良い未来を楽観的に描くことができると確信している」と訴えた。

この書簡には、射撃で金メダルを3回獲得しているニッコロ・カンプリアーニや同じく射撃で銀メダルを3回獲得しているジョバンニ・ペリエロ、バレーボール代表や水球代表などが署名している。

イタリア五輪委員会のジョバンニ・マラゴ会長は、市議会の後援がなければローマへの招致は断念せざるを得ないと話しており、ラッジ市長の支援を得るために市長と会談する予定。

2024年の夏季五輪にはパリ(フランス)、ロサンゼルス(米国)、ブダペスト(ハンガリー)も立候補しており、国際オリンピック委員会は2017年9月に開催地を決定する。

最終更新:9月9日(金)12時30分

ロイター