ここから本文です

【ドクターQ&A】夏バテにスタミナ食は逆効果!?お勧めは漢方薬

デイリースポーツ 9月9日(金)14時0分配信

 【Q】夏バテでしんどいです。元気が出るものを食べたり、飲んだりしてますが、あまり効果がありません。(30代男性)

 【A】この猛暑で体調不良になる患者さんをよくお見受けします。少しの心掛けだけで、かなり改善することが期待できます。まず、日差しの強いときは外出を控えることです。健康のために散歩をされる患者さんは多いのですが、日差しのせいで体調を崩す人も少なくないです。外せない用事を除き、できるだけ日差しの強い日中は外出を控えましょう。沖縄の人たちは、暑いときはほとんど外出をされません。

 この時期、お腹の調子が悪くなったと言って来院される患者さんもいます。ジュース、アイスコーヒー、冷たいスイカなどをたくさん食べた上に、パンツ一丁で扇風機の前で寝てるとか…。これでは健康な若者でも調子が悪くなります。あえて温かいお茶などを摂取し、腹巻などを着用していただくだけでかなりの改善があります。要は、暑いときほど身体を冷やさないようにしてほしいのです。

 元気を取り戻すために、ニンニクやステーキなどを摂取されて、胃腸の調子を崩す人もいます。弱った胃腸にニンニク、ステーキなどは酷です。特に、ニンニクの過剰摂取は、腹痛、下痢、胃潰瘍などを引き起こすこともあり、慎重に摂取して頂きたい。

 私も、かつて弱った身体にスタミナをという思いで毎週末に焼肉、ニンニクの丸上げを食し、毎回、腹痛や下痢をきたしてニンニクの摂取をやめた経験があります。一般的に良いと言われていることでも、個人によっては逆効果になることもあります。弱った胃腸には、お粥さんなど消化にいいものを食されることをお勧めします。

 漢方薬などでも体調改善は図れます。漢方では、お腹を温めたり、減退した食欲を改善させたり、それこそ夏バテに効くといわれている薬も存在します。その人の性別、体質、生活環境などによって同じような症状でも違う処方(同病異治)がなされますので、主治医と相談されることをお勧めします。

 ◆回答者プロフィール 谷光利昭(たにみつ・としあき)兵庫県伊丹市・たにみつ内科院長。診察は内科、外科、胃腸科、肛門科など。デイリースポーツHPで医療コラム「町医者の独り言」を連載中。

最終更新:9月9日(金)15時3分

デイリースポーツ