ここから本文です

VWの BUDD-e 、コンセプトトラックオブザイヤー受賞…米国

レスポンス 9/9(金) 19:34配信

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカは、『BUDD-e』が「2016コンセプトトラックオブザイヤー」を受賞した、と発表した。

画像:VW BUDD-e

BUDD-eは2016年1月、米国ラスベガスで開催されたCES16で初公開。フォルクスワーゲンの名車、初代『マイクロバス』を現代的にアレンジしたコンセプトカー。

その特徴は、フォルクスワーゲングループが新開発した電動化車両用モジュラー車台、「MEB」の初採用。MEBは、電動パワートレインやバッテリー(二次電池)の搭載に必要なスペースを確保しながら、乗員が快適に過ごせるだけの充分な居住空間を持つ。

EVパワートレインのうち、二次電池は、蓄電容量101kWhと大容量。フラットな設計で、床下にスマートに収まる。モーターは前後にひとつずつ搭載し、トータル出力は317ps。4輪を駆動し、最高速150km/h、1回の充電で最大533kmの走行を可能にした。バッテリーは、80%の容量ならおよそ30分で充電可能。フォルクスワーゲンによると、航続距離はガソリン車と同等という。

今回、このBUDD-eが、米国ミシガン州で発表された「第15回北米コンセプトカーオブザイヤー」において、2016コンセプトトラックオブザイヤーを受賞。現在および将来においても、ユーティリティやモビリティに対するニーズに応えていることが評価され、受賞となった。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/9(金) 19:34

レスポンス