ここから本文です

「コインランドリー」をクラウド化、マイクロソフトとアクアが家電IoTで協業

@IT 9月9日(金)13時34分配信

 日本マイクロソフトと家電メーカーのアクアは2016年9月7日、白物家電とクラウドを組み合わせた家電IoT(Internet of Things)サービスの開発で協業すると発表した。協業の第1弾として、旧三洋電機時代より展開する業務用コインランドリー機器のIoT化を進める。

【その他の画像】「AQUA」ブランドの業務用洗濯

 アクアは、業務用コインランドリー機器に通信機能などを付加してIoT化したサービス「AQUA ITランドリー」を展開。既に全国1252店に導入され、約1万6000台が稼働している。2016年現在、オンプレミスシステムで管理されている同サービスの保有データを、Microsoft Azureをベースにクラウド化する計画だ。

 次世代のAQUA ITランドリーでは、データをクラウドへ集約し、コインランドリーの稼働状況に関するあらゆるデータをビッグデータとして蓄積。使用状況やパターン予測、故障予測などの項目を多角的に分析し、今後のサービスの拡充と品質向上につなげる。

 AQUA ITランドリーのクラウド化によって、既存の空き情報検索や洗濯完了メール通知といったサービスに加え、地図サービスやSNSと連携したサービス、電子マネーをはじめとするポイントサービスの開発も視野に入れる。また異業種コラボレーションによる、今までにない新たなサービスの開発にも取り組むという。

最終更新:9月9日(金)13時34分

@IT