ここから本文です

宮根誠司、高畑の表情に「にらみつけているような、でも気はここにないような…」

デイリースポーツ 9月9日(金)16時8分配信

 キャスターの宮根誠司が9日、日本テレビ系・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、この日釈放された俳優の高畑裕太の表情について「にらみつけているような、でも気はここにないような」とその複雑な表情についてコメントした。

【写真】釈放され、集まった報道陣に謝罪する高畑裕太

 番組では、速報で高畑の釈放の様子を生中継。絶叫謝罪をして30秒直角にお辞儀をしたあと、弁護士と思われる女性に促され、白いワンボックスカーに乗り込む前に、カメラを向ける報道陣へ顔を向けた。

 目をそむけることもなく、うつむくこともないそのときの表情について宮根は「車に乗り込む際の高畑さんの顔が非常に印象的で…」と切り出し「何か、カメラを見ているような、ある意味にらみつけているような、でも気はここにはないような…。なんとも言えない表情ですね」と、その複雑な表情について、厳しい顔で感想を述べていた。

 高畑は8月23日に前橋市内のホテルで40代女性従業員に性的暴行を加えるなどして、強姦致傷容疑で逮捕された。

最終更新:9月9日(金)16時50分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。