ここから本文です

隠岐でプロ野球独立リーグ「B.F.L」公式戦 初来島で火花散らす /島根

みんなの経済新聞ネットワーク 9月9日(金)16時20分配信

 隠岐・西ノ島の西ノ島総合公園(西ノ島町美田、TEL 08514-6-0066)で9月11日、プロ野球独立リーグ「B.F.L」公式戦が行われる。対戦するのは「兵庫ブルーサンダース」(本拠地=兵庫県三田市)と「06BULLS(ゼロロクブルズ)」(同=大阪府東大阪市)。(隠岐経済新聞)

隠岐での公式戦は初

 同リーグには3チームが所属し、年36試合のリーグ戦のほか、チャンピオンシップ、トーナメント、リーブ選抜、教育リーグなどさまざまな形式で試合を展開。昨年同園で行われたイベントに「兵庫ブルーサンダース」が参加し、親善試合などを行った。その好評を受けたことをきっかけに、今回の公式リーグ戦を西ノ島で行うこととなった。

 9月7日時点で両チームのゲーム差はわずか0.5。シーズンの残試合数が9ということもあり、優勝を左右する要の一戦となりそうだ。

 「B.F.Lが公式戦を隠岐でするのは今回が初めて。野球の人気が高いと聞いているので訪れるのが楽しみ。来年以降も隠岐で公式戦ができれば」とゼロロクブルズ・サイドは期待を寄せる。

 試合に向けて、元・阪神タイガース投手の福間納さんの講演も9月10日、15時30分から中央公民館ノア講義室(西ノ島町浦郷)で予定。試合開始は12時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月9日(金)16時20分

みんなの経済新聞ネットワーク