ここから本文です

韓国政府、北朝鮮の5回目の核実験受け声明…「重大な挑発とし強く非難する」

WoW!Korea 9月9日(金)13時50分配信

韓国政府は9日、北朝鮮の5回目の核実験を「重大な挑発」とし、これを強く糾弾した。

 チョ・テヨン国家安全保障会議(NSC)事務局長兼国家安保室1次官はこの日、緊急NSCを終えた後、春秋館でブリーフィングをおこない「北朝鮮は2016年9月9日、咸鏡北道(ハムギョンプクド)豊渓里地域で5回目の核実験を実施した」とし政府の声明を発表した。

 政府の声明は「国際社会が今回のG20、東アジア首脳会議(EAS)を通じて、もう一度はっきりとした警告を送ったにも関わらず、北朝鮮が国連安保理決議を露骨に違反し、ことしに入ってからすでに2回の核実験を強行したのは到底、容認できない重大な挑発として政府はこれを強く糾弾する」と明かした。

 続けて「北朝鮮政権は住民らの劣悪な人権と民正状況を無視したまま、ひたすら核やミサイル高度化にのみ没頭し、危険な挑発を続けているが、これにより得るものは何もないということをはっきりと悟らなければならない」と警告。

 政府は「北朝鮮が無謀な挑発をすればするほど、さらに強力な国際社会の制裁や外交的な孤立に直面し、経済や破綻につながることにより、終局的に自滅の道へと入るだろう」と強調した。

 同時に「政府は北朝鮮が核兵器やミサイルプログラムを直ちに安全かつ検証可能で不可逆的な方法で廃棄することを再び厳しく追及し、国際社会との協力のもと、国連安保理や両者の次元でさらに強力な制裁措置を講ずるため必要なすべての努力を傾けていく」と述べた。

 政府はまた北朝鮮の挑発に対して万全の態勢を整え、しっかりと対処していくと述べた。

最終更新:9月9日(金)13時50分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。