ここから本文です

北の核実験規模 広島原爆の67~80%=韓国気象庁

聯合ニュース 9/9(金) 14:00配信

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁は9日、記者会見を開き、北朝鮮で発生したマグニチュード(M)5.04の地震は核実験による人工地震の可能性が高いと明らかにした。

 気象庁は「波形、振幅からみて、人工地震であることが確実」とした上で、「核実験の可能性が高いとみて、詳しく分析している」と説明した。

 地震が発生したのは北朝鮮北部の咸鏡北道・吉州付近で、北緯41.299度、東経129.079度の地点と推定された。震源の深さは0.7キロとした。

 地震の強度(規模)は1月6日に行われた4回目核実験の2倍の水準だ。威力は10~12キロトンで、広島に投下された原爆(15キロトン)の67~80%水準という。

 北朝鮮での地震は韓国内の全観測所で感知された。地震当時、北朝鮮から中国北西に風が吹いており、放射性物質が韓国に流入する可能性は低いとされる。

 一方、地中海地震学センターは北朝鮮での地震の規模をM5.0、米地質調査所(USGS)はM5.3、中国地震局はM4.8と測定した。震源の深さは地中海地震学センターが2キロ、USGSはゼロとした。

 北朝鮮では4回目の核実験が行われた際もM5.0の人工地震が、2013年2月12日の核実験の際もM5.0前後の地震があった。

最終更新:9/9(金) 14:08

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。